オール電化

オール電化とは

オール電化とは、その名のとおり、家庭内のすべてのエネルギーを電気でまかなう、火を使わない暮らしです。
ガスを使用して火を起こし調理する「ガステーブル」を「IHクッキングヒーター」に、ガス給湯器を「エコキュート」や「電気温水器」にすることでガスの使用をなくし、電力利用の一本化にすることができます。
詳細ページへは下記リンクから

オール電化のメリット

「安全性」

オール電化のメリットの中でも「火」を使わないという安全性が指摘されます。平成16年度の消防白書によると、建物火災の原因第一位は「コンロからの出火」とされています。オール電化の場合、調理器具であるIHクッキングヒーターは電磁線の働きで加熱しますので、「火」をまったく使いません。 そのため、コンロからの出火というリスクが最小限に抑えられることにより高い安全性が担保されます。高齢者の多い住宅や子供の多い住宅で近年オール電化が普及しているのは、こうした背景があるようです。

「経済性」

オール電化のメリットとして最も皆様の関心が深い項目の一つだといえる、オール電化の経済性も重要な項目です。オール電化の場合、これまで別々だった電気とガスのエネルギー源を電気に一本化することで、第一に基本料金の割引効果があります。 また、電力プランを夜間電力に変更して、夜間の割安な電力を使ってお湯や暖房の熱源をとることによりかなりの経済的なメリットを受けることができます。電力会社の試算によると標準的な家庭で月間1万円前後の光熱費削減効果が期待できるとされています。

「エコロジー」

オール電化において、直接的なメリットではありませんが、環境に対して優しいという特徴があります。オール電化は電力の多くの部分を深夜電力を使っています。では、なぜこれがエコロジーなのかというと、電力会社は発電を止めることができないので(効率が大きく落ちるため)、夜間であっても電気を作り続けるしかないのです。しかし、一般的に夜間は消費される電力が少ないので電気が余っている状態なのです。電気は保存できませんので、その分の電力は無駄となってしまいます。 しかし、オール電化住宅では、その余っている夜間電力を活用してお湯を沸かしたり暖房の熱源を取得したりしているので、昼間に消費するはずの電力消費を抑えることができ、電力会社が発電する総エネルギーを抑えることができるのです。



太陽光発電・オール電化 専門店 (株)クリーンシステム