2040年までに自然エネルギー90% (ハワイ州)

db83c06fe7f24059d10ffd737e62198f

アメリカ・ハワイ州でのお話。
2040年までに自然エネルギーの使用率を90%に引き上げる事を目標としているハワイ州。
5年計画で全ての公立学校に太陽光発電システムを導入し、それを活用した化学、技術、工学、数学の教育を行う「Ka Hei」プロジェクトを発表しました。

元記事 >>> ハワイ州教育省

計画ではハワイ州内255の公立校すべてに設置する予定で、エネルギー利用のシュミレーションや発電データで省エネ対策などを学び、学生の意識向上を図るそうです。

設置する発電システムには、100MW(メガワット)のフォトボルタイク装置(太陽光発電)だけでなく、25MW(メガワット)の風力発電も設置。発電システムの設置、管理はカリフォルニア州のChevron Energy Solutions が行う。  【画像右】



太陽光発電・オール電化 専門店 (株)クリーンシステム